« 抗議に来た父親を意識不明にした事件 | トップページ | 自分の仕事させろぉ~~~ »

2011年6月 2日 (木)

どっちに転んでもろくでもない結果になった内閣不信任案

内閣不信任案が否決されこのままアノ管が総理をやりつづけることになっちましました・・・とほほ

今回の不信任案、「こんな時期に・・・」という意見もあるけど、急がば回れって言葉もあるわけで
例えば車でどこかに急いで向かっているとき
寄り道している暇も立ち止まっている暇も無い!という状況だったとしても
その車が故障していて速く走れないのなら、一旦寄り道してでも立ち止まって修理して
速く走れるようにした方が、結果的に目的地に早く着くことができるってことになるわけじゃない
そう考えると、今の管政権の故障っぷりをどうみるか、ってところでもあると思うんだ。
多少の故障には目をつぶってでもとにかく進めた方が早いのか
早急に修理すべきなのか、
今、不信任案に反対している人達は今の管政権の故障を
たいしたこと無い、と考えているのかな?

おいらは当然、こんな故障総理のまま走るより、一旦立ち止まってでも部品を交換すべきだと思ってるけど・・・
最大の問題はその交換部品がちゃんと走れるものなのか?ってところなんだよね。
「修理」した結果が小沢だったりした日にゃ・・・とどめ刺されちまうよ。
結局今回の騒動においても民主党は日本をどうしようってことより党利党略の方を優先したわけだ。

けど、そのことをわかってない人が多いみたいなのが心配なんだよな~

あと、今回回避できたのは管が「復興のめどがついたら辞任する」って言ったからみたいだけど
その復興のめどってどうやって決めるの?まだめどが立ってないって言えば任期一杯まで居座れるわけだし。
ただ、これは見ようによっては管が自分の首を絞めたとも取れなくも無いんだよね
退陣が早ければ「この程度で復興の目処が立ったというのか!」と言われるし
遅ければ「復興が遅い!」と言われる
まぁそういった声も当人にしてみれば蛙の面に小便かもしれないけど
これもお得意の深く考えず適当に言ったことなんだろうけどね。

|

« 抗議に来た父親を意識不明にした事件 | トップページ | 自分の仕事させろぉ~~~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105448/51838850

この記事へのトラックバック一覧です: どっちに転んでもろくでもない結果になった内閣不信任案:

« 抗議に来た父親を意識不明にした事件 | トップページ | 自分の仕事させろぉ~~~ »