« オリンピックが終わり、国の協力について | トップページ | 眠いのに寝付けない・・・ »

2012年8月15日 (水)

終戦記念日に戦争の悲惨さを訴えても・・・

今年もやってきた終戦記念日

毎年この前後には各メディアで戦争の悲惨さを訴えるものがあふれてきてるけど

これだけ辛い思いをした
これだけ悲しい物語があった
戦争とは悪いものなんだ・・・等々

そういった主張事態間違ってないけど
そればっかり言ってるのは不十分だよ。

そもそもなんで戦争になったのか、なぜ開戦せざるえなかったのか
そういったことを一切議論せず、戦争の悲しい思い出のみを
延々語りついで言ったら本当の意味での平和には繋がらないよ。

なぜ起きたのか、どういった理由、考え、プロセスをもって
戦争に至ったのかを知らないと、今後の教訓にはなりえない。
それもちゃんとした知識の元、ABCD包囲網やハルノートや東京裁判の真実
そういったものを一切知らずに「無謀な戦争をした!」
の一言で終わってるようじゃ、いくら悲惨な戦争の歴史を
語り継いでいったとしても、それは歴史から何も学んでないに等しいよ。

数日前にやってた池上彰の戦争を考えるも
当時の状況と悲惨だったってことをアピールするばかりで
何一つ「学べる」番組じゃなかったね。
しかも中に偏った主張を織り交ぜてたし・・・

|

« オリンピックが終わり、国の協力について | トップページ | 眠いのに寝付けない・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105448/55431702

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日に戦争の悲惨さを訴えても・・・:

« オリンピックが終わり、国の協力について | トップページ | 眠いのに寝付けない・・・ »