« バ・ル・サ・ミ・コ・酢 | トップページ | 終戦記念日に戦争の悲惨さを訴えても・・・ »

2012年8月14日 (火)

オリンピックが終わり、国の協力について

ロンドンオリンピックが終わり
日本は史上最多38個のメダルを獲得した!
とニュースなんかは盛り上がって、これだけの結果を残せた要因のひとつに
選手村の近くに日本政府が作ったマルチサポートハウスがある
とも言われてます。

今のところはこれ自体を悪いとは言わないけど
本当にこの施設の影響が大きいってことになれば
当然他の国も真似て同じようなものを作ってくるよね
まぁすでにあるかもしれないけど
けど、こういうのって経済的にも余裕のある国にしかできないことで
途上国なんかはこういった施設、サポートを用意することが出来ない。

結果、先進国と途上国の差が大きくなってしまう・・・
もっとも出場する前の国の支援、サポートの差ってのも当然あって
それはどうしようもないことなんだけど
こういった自前の設備が充実している国の選手は
終盤まで体調を維持でき
設備の無い国の選手はどうしても疲れが抜けなくなってくる
その結果がメダルに出てくる

これって「フェアプレーの精神」から離れてるようにも思えるんだよね。

それこそ、本当に行き過ぎたら規制とかかかっちゃうのかな?って
思えてきますね。90年代のF1みたいに

|

« バ・ル・サ・ミ・コ・酢 | トップページ | 終戦記念日に戦争の悲惨さを訴えても・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105448/55417885

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックが終わり、国の協力について:

« バ・ル・サ・ミ・コ・酢 | トップページ | 終戦記念日に戦争の悲惨さを訴えても・・・ »