« 2013年6月 | トップページ

2013年7月22日 (月)

志村魂観覧

土曜日ですが、志村けんの舞台「志村魂」見てきました!

Dcim0083

前々から見に行きたいとは思ってましたが
なかなか予定が合わず、今回も微妙なところでしたが
少し前に志村けんの体調不良のニュースを聞いて
行けるうちまず1回見ておこうと思い、チケット取ってみました。

が、結構遅くに買ったので席はかな~り後ろでしたが
まぁ残ってただけで良しとしました。

当日は土曜夜の部でありながら子供も多い
つーか、ファン層広すぎ!!下から上まで年齢差で
余裕で半世紀オーバーしてるでしょうね。

舞台はまずバカ殿からスタート
子供達の声がスゴイ!!普通の舞台で子供が大声で騒いでると
うっとおしい!!と思うんだけど、バカ殿の舞台だと
むしろそれが良い!というか無いと寂しいとすら感じましたね。

バカ殿が終わるとショートコントが何本かあって
志村けんの三味線演奏
三味線自体はいたって真面目な演奏なんだけど
ところどころにネタとオチを付けるあたり、さすがだなぁ~と思った!!

最後に藤山寛美の新喜劇があって
これはこれで面白かったんだけど、正直子供にはちょっと
つまんないって感じてたかな?
バカ殿見たくて見に来た子供にしてみれば、予想外の展開だろうけど
そこは新「喜」劇だけあって笑いはあった。

しかも、志村けんがアドリブを色々挟んできたみたいで
舞台上でダチョウ倶楽部上島をはじめ笑いを堪えるのが
大変そうで、ついには土下座しながら
「(台本どおり)ちゃんとやってください、お願いします!」
とか言い出す始末wwww
もう場内大爆笑!!あれだけ笑いを誘ったんだから
志村けんの勝利だな!

新喜劇の後におまけと言うかたちで・・・「アノ人」が出てきましたwww
初めて生で拝見しました!!
席に座っていたけど、立ってたら一緒に踊ったかもwwwww

久しぶりに腹筋が崩壊するくらい笑えました!
いくつかのコントはテレビで見たことある知ったネタだったけど
お約束というか王道というか、わかっていても
わかっているからこそ、笑えたんだろうね!

今回は2階席の後ろだったけど、次は1階席の
前の方のチケット狙いたいですね!!!

Dcim0082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

TPPにともなう農業問題

参院選の争点の1つとしてここ数日原発問題が中心になってきて
最近いまひとつ表に出てこないTPPおよび農業問題

この話になると
・TPPに参加したら日本の農家が潰れる!
・だったら海外に向け高級品を作ればいい

なんて展開ばかり目立ってますが
個人的にはこれが非常に不安というか問題な気がするんですよ。

農業問題ってのは
TPPに参加しても農家が農業で利益を得られればそれで良い
ってことではなく
日本の食料自給率、食料品の国内生産量を保持する
ってことだと思うんですよ。

これまで1玉100円のキャベツを作っていた農家が
1玉1000円のキャベツを作るようになったら
各農家個々人としては問題なくても
国家レベルでこれをTPPの農業問題の解決策として考えてるようじゃ
お粗末としか言いようが無いんだよね。

農作物も高級品になれば生産量は当然激減してしまい
その、少なくなってしまった国産品も海外に行ってしまっては
国内の一般庶民はどうするんだ?と
結果的に農家が生き残ればそれで良い、という問題ではなく

一般庶民向けに1個100円の大根を作ってる農家を
どうやって助けていくか、残していくか。
輸入に頼らない食料品事情てのを考えるのが先でしょうが。

この点について語ってる政治家に会ってみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

昨今の声優論につられて

数日前のホリエモンの暴言や宮崎駿の声優論で
「声優論争」なるものがネット上でちらほら見られる昨今なので
はやりにのっておいらも個人的な考えを語ってみますが

まず、ホリエモンの「声優にスキルなんていらない」発言は
完全に馬鹿の戯言といってもいいでしょう。
細かな理屈も糞もいりません

数年前にフジテレビで放送された「吹き替え版 タイタニック」
これと以降発売されたDVD、BR版と比べて遜色ない
字幕版、フジテレビ版同じように楽しめる、と言えますか?
普通なら口が裂けても言えないくらいの超えられない壁があります。

この一事だけでもホリエモンの戯言を粉砕できます。

今回の騒動(?)の中で
「あまったるいアニメ声が嫌だ」「アニメ口調が嫌だ」という意見もありました。

個人的な好みの問題は置いといて、以前どこかで
アニメには実際に使われることのないアニメ独特の言い回しがある
というのを聞いたことがあります。
アニメの中にはリアルな作風、演出をおこなっている作品もありますが
いかにリアルな作りにしても、そこはアニメ
現実とは違うアニメ独特の「様式美」のようなものが必ず入ってくるわけです。

別にアニメに限らずドラマにも実写映画にもそういった演出があるわけで
「現実離れしてるからダメだ」という人には
宝塚や歌舞伎、オペラ、ミュージカルはどう映るのか聞いてみたいですね。

最後に芸人や芸能人が「声優挑戦」とかすると
ネット上で叩かれたり、酷いものになると炎上したるすることもあるけど
アニメファン、声優ファンというのはひじょ~~~~に単純で
キャラにあった声質でちゃんとした演技が出来ていれば
叩かれることなんてまず無いんですよ。
それこそ、歌手だろうが落語家だろうがアナウンサーだろうが
スポーツ選手だろうが料理人だろうが
「演技」さえできていれば叩かれることはない。

もし叩かれるとしたら「芸人だから」でも「歌手だから」でもなく
下手糞だから叩かれる、と肝に銘じて欲しいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ